TOP > 企業情報 > 事業紹介

アイシン九州は、愛知県に本社をおくアイシン精機を中核としたアイシングループ178社の1社で、1993年に操業を開始しました。

事業内容は事業部制をとっており、「自動車商品」・「電器・電子」の2つの事業部から成り立っています。「自動車商品事業部」は、ドアフレーム・サンルーフ・シートアジャスター等36商品を生産し、エンジン部品については08年9月度より、子会社のアイシン九州キャスティングが稼動し、鋳造から加工・組立と一貫生産体制を取っています。「電器・電子事業部」は地場の半導体・液晶装置メーカー様との取引きを中心に行っております。
  自動車商品事業部
発   足 : 1993年4月1日
生産開始 : 1993年9月1日
使用面積 : 25,160u
人   員 : 549名
売 上 高 : 288.2億円【16年度実績(17年3月期)】
生産品目 : ・サンルーフ・パワーシート・ドアチェック・グラスルーフ
・ドアロック・アウトサイドハンドル・パワースライドドア等 合計35品目

・内製樹脂部品生産、プレス・樹脂部品の外販
生産能力 : 各50万台/年
  電器・電子事業部
発   足 : 1999年4月1日
生産開始 : 1999年4月1日
使用面積 : 3,800u
人   員 : 62名
売 上 高 : 13.4億円【16年度実績(17年3月期)】
生産品目 : ・液晶製造装置 ・半導体製造装置
  アイシン九州キャスティング株式会社(アイシン九州100%出資子会社)
社   名 : アイシン九州キャスティング
設   立 : 2007年8月
稼   働 : 2008年9月
人   員 : 319名
売 上 高 : 99.4億円【16年度実績(17年3月期)】
特   長 : ダイキャストから加工・組立の一貫生産
(7,000t/年のエンジンアルミ製品の生産)  
生産品目 : ・シリンダーヘッドチェーンカバー・タイミングチェーンケースアッセンブリー
・オイルパン・樹脂サージタンク・オイルポンプカバー
・カバー,トランスアスクル ケース,リア