女性の活躍に必要なワーク・ライフ・バランス、職場環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間:平成31年4月1日~令和4年3月31日までの3年間

2. 当社の課題

【体力負荷の大きな仕事や時差勤務が必要なことから、女性採用・定着が進まない】
  • 体力負荷の大きな仕事が多く、女性の応募者が少ない
  • 時差勤務がメインとなっているため、子育て中の女性等時間制約のある社員の就業継続が困難な状況になっている

3. 定量的目標

【女性の応募割合を20%以上とする】
【出産、子育て等を機に退職する女性社員をゼロにする】

4. 取組内容

【女性の応募(採用)を拡大する】
  • 平成31年4月~各種企業説明会へ積極的に参加し、女性の活躍・仕事と育児の両立についての取り組みや実績もアピールする
  • 体力負荷の軽減に向けた職場環境の課題検討と改善活動を継続して行う
【子育て中の女性でも安心して働ける業務を拡大する】
  • 時間帯を制限した短時間勤務のフォロー体制の整備を行う

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、その能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間:平成31年4月1日~令和4年3月31日

2. 内容

【目標1】
育児休業制度についてのパンフレットを作成し、従業員及び監督者層に配布し、制度の周知を図る。 仕事と子育てを両立するための会社の制度見直しと周知を図る
  • <対策1> 平成31年4月~育児休業規定の検討を実施する
  • <対策2> 令和2年4月~育児休業制度のパンフレットを作成し、社内掲示板及び職場単位に案内書を配布します
  • <対策3> 令和3年4月、監督者の研修により、従業員へのアドバイスを可能とする
【目標2】
有給休暇カットゼロにする 仕事と子育てを両立するための会社の制度見直しと周知を図る
  • <対策1> 平成31年4月~有給カットとなる者にアンケートを行い、真の原因追究
  • <対策2> 令和2年4月~真の原因に対する対策を労使協業により対策検討を行い、令和3年4月~対策の導入